M性感コラムCOLUMN

中洲の男のトレンドは『痴女シャワー』エッチなお姉さんは聖水スタンバイ中!!

2020.09.28

カテゴリ:中洲

column_men_20200928010952.jpg
みなさんこんにちは~!中洲秘密倶楽部広報部田代です!

こうやって見ると、『中洲~』からの並びはすごく長い熟語みたいですね笑
はい、というわけで今日も中洲からお送りいたします。

突然ですが、あなたは痴女についてどう思われますか?
まるで某動画配信サイトの広告のような問いかけで面食らったなら申し訳ないです笑

痴女...男で言えば痴漢がそれにあたるわけですが、現在の日本においては全く意味合いの異なる言葉になっていますよね。
私の記憶が確かなら痴女って言葉が使われ始めたとき、そのまんま痴漢の女性版だったはずなんです。ですが時代とともにそうした意味合いよりも、『セックス等において非常に淫乱な振る舞いをする女性』という使われ方が多くなってきているように感じます。

ま、それがなんでなのかはよく分かりませんし、何より現在の痴女という言葉の使われ方は分かりやすくていいですよね。その女性の変態性を端的に表すことができる言葉です。

そんな痴女ですがお好きですか?それともお嫌いですか?

私は大好きです!!
あなたももちろんお好きだと確信して話を進めます笑

男が痴女を好きな理由のひとつにこちらの想像を上回ってくることが挙げられるでしょう。
「ここまで求めてくるのか?!」
なんて驚きはセックスという非日常において素晴らしいスパイスになりますよね!

痴女と中洲で触れ合いたいあなた!
『中洲秘密倶楽部』がその願いを叶えて差し上げますぞ!!

中洲で1番のトレンドを知る


column_men_20200925000825.jpg
「痴女こそが1番のトレンドだろう!何を言っているんだ!!」
こんな風に怒ってらっしゃるかもしれません。

しかし、痴女は1番ではなくチャンピオンなんです!終身名誉監督のようなもので、すでにアンタッチャブル。『神聖ニシテ侵スヘカラス』なのです!!

我々はその先へ踏み込んで行く必要があるわけです。
ちょっと意味が分からないかもしれませんが私も分かりません。

さて、1番のトレンドの話ですね。

ヒントですが、それは痴女が提供するものです。
痴女でなければ!痴女だからこそ!

なんだと思われますか?

張り手?タマ蹴り?鞭打ち?

いえいえ!それはSMクラブです笑
需要はあるかもしれませんが、さすがにマイノリティ。
1番のトレンドにはなりえません。

もしかしたらそれを体験したことを周りに言うと引かれちゃうかもしれませんし、一部の痴女予備軍には惹かれちゃうかもしれません。

興味はあるけどなんだか一歩が踏み出せない『アレ』ですよ!!

そう!それは『痴女シャワー』

聖なる水によるシャワーを浴びて身も心も浄化されることなのです!!

痴女風俗だからできることをやってみたい


column_men_20200924024338.jpg
というわけで聖水なんですが、正直これって敬遠しがちなプレイかもしれません。

「だって聖水とか言ってもおしっこだよ?それはなぁ...」

なるほど。その気持ち、ひじょ~によく分かります。
実際におしっこをかけられたり飲んだりするのはなかなかハードルが高いものですからね。
1番のトレンドとか嘘くさいにもほどがあります笑

でもですよ?
よく考えてください。

奥さんや彼女に言えますか?
「おしっこかけて(or飲ませて)」なんて。
私は言えません(断言)

もしそれが言えるのであればもはや痴女シャワーへの心理的障壁はないわけです。

言えないということは相手に嫌われるかも?嫌がられるかも?という意識があるわけですよ。
もしくは単純に自分が嫌(だと思いこんでいる)なのかもしれません。

ですが、痴女風俗たる中洲秘密倶楽部に興味をもったからこそあなたはこの記事を読んでおられるのですよ?
つまり痴女への関心が非常に高いということなんです!

まずはそこを自覚なさってください。

であるならば、せっかくの痴女風俗です。日常ではなかなか出会えない痴女。男なら誰でも憧れる痴女とのめくるめく甘美な時間を過ごすのであれば、痴女風俗だからこそ容易に体験できることを求めないでどうします!!

せっかくの非日常をより濃いものにしませんか?


表面的な痴女プレイを楽しむのもこれは素晴らしいことでもれなく興奮することをお約束するわけなんですが、ここは痴女と2人だけの秘密空間なのです。

痴女が織りなす非日常を表面的に楽しむだけならそれはもったいないことなんですよ。

より濃く!濃厚に!!アブラマシマシで!!!

そうやって解き放っていけばよいのです。

これがあなたの身体に傷がつくことであればそこに覚悟はいるでしょう。
病気になってしまう確率が極めて高いのであれば命がけになるでしょう。

そうではなく、かつ非日常空間をより楽しむためのスパイスになる『聖水』

これを体験することがまさに痴女風俗を楽しむための一丁目一番地と私は確信しております!!

痴女はいつでも聖水スタンバイOK!シャワーの準備は整っています!


column_men_20200925093905.jpg
例えば普通のヘルスを利用したとしてオプションに聖水の文字はありますよね。
ところがそれを可能オプションにしている女の子というのはとても少ないですし、実際にそれをお願いすると受付でなんだかんだ言い訳されてできないなんてことも多々あるのです。

しかしご安心ください。中洲秘密倶楽部ならそんなことはありえません!!
なぜならオプションではなく、コースとして聖水が存在しているからです。

つまりこれができないのであれば、その女の子がどれだけ淫乱で変態な最高クラスの痴女としての才能を持っていたとしても、中洲秘密倶楽部では働けないわけです!!

どの女の子でも聖水プレイができるところに価値があるとも言えるのです!!
聖水を求める、まさに迷える子羊たる変態共がいつでも思い立ったらすぐに聖水を堪能できるんですよ!!

もちろん生理現象ですから出ないこともあるでしょうが、聖水NGな子は存在しないのはほんとうに素晴らしいと思います。

中洲の痴女たちはいつでも聖水をスタンバイしています!!

これまで聖水へ忌避感があったかもしれません。
それは排泄物であるという意識と、自分が用を足す際にニオイやアンモニア臭への不快なイメージから来るものだと思います。

せっかく痴女風俗に興味を持ったのですから、痴女シャワーを浴びて痴女とのシンクロ率を上げてみると、より中洲秘密倶楽部が楽しめると私は確信しております。

それにですよ。
自分のおしっこはそりゃ私も嫌です笑
汚いと心の底から思います。

でも聖水は別です。
なぜかと言えば、その聖水は自分発ではなく目の前の美女発なのですから。

美女やかわいい女の子から出る聖水が嫌なはずありません!!

あ、う◯ちは無理です。自分のは当然として、かわいい女の子のならイケる!と思ってたんですが...ほんとうにあれは無理でした。
ニオイも取れないし私個人としてはオススメしません。
(中洲秘密倶楽部ではそもそもう◯ちは無理ですが)

閑話休題

というわけで中洲秘密倶楽部ではあなたがいつ来ても痴女シャワーを浴びられるように準備しております。
スクランブルでもOK
ガンガン飛び込んできてください!

中洲の痴女シャワー、上から浴びるか?横から飲むか?


column_men_20200924154959.jpg
私としては浴びつつ飲むのをオススメします!!

え?なんのことかって?
見出しのことです!!

おもしろいことに聖水というのは女の子の体調や飲み食いしたものが分かるんですよ。

自分が用を足すときもコーヒーばかり飲んでいたらコーヒー臭かったりするじゃないですか?
あれです。

浴びてみれば発射直後のニオイから飲み食いしたものが分かりますし、飲めば味で体調の予測もできるという、女の子と真の意味で繋がれる素敵な水なんですよ。
う◯ちでも分かるかもしれませんがアレは臭いし苦いし命に関わるかもですから止めておきましょう。

痴女風俗をよりディープに楽しむならその入口としても聖水がオススメですが、心だけではない繋がりを女の子と持ちたいのならまさに聖水がピッタリ!

上から浴びるもよし!横から飲むのもよし!両方楽しむもよし!

という三方良し(誤用)な聖水を、それを男にかけて飲ませることに悦びを見出す変態痴女で!
中洲秘密倶楽部でぜひお楽しみくださいね!
田代のイラスト

中洲秘密倶楽部広報担当:田代

秘密倶楽部の魅力をとことんお伝えする広報担当。新しい境地への提案をしています。14年程風俗業界に携わっている。