M性感コラムCOLUMN

中洲にも痴女がいた!妖しくも興奮度MAXな風俗でM心が目覚める!

2021.01.23

カテゴリ:中洲

column_men_20200924024338.jpg
こんにちは!広報担当の田代です!

九州最大の歓楽街・中洲は、1年を通して多くの男性を取り込んでいく魅惑の街です。ここではビジネスマン、学生など社会の立場を越えた男女が交わる地域だからです。

それは単なる出会いの街ではなくて、昂る性的な気持ちを思いっきり解放できる欲望の街というのが、中洲の夜の姿かもしれません。その中で"痴女"と呼ばれる女性が集まる場所があることをご存知でしょうか?

ここに集まる痴女は、それまで体験したことのなかった次元の違う快楽を男性に与えて、濃厚な性の奥深い世界に誘ってくれるのです。

その場所こそ、中州の痴女の聖域「中洲秘密倶楽部」です。では、どんな痴女達がいるのでしょうか?順を追って見ていきましょう。

中洲で痴女に魅せられる!


column_men_20210122202939.jpg
"痴女"というキーワードを耳にすると、どんなことをイメージしますか?
セックスの快楽に淫らな欲望をむき出しにした淫乱な女性。

男の前で生まれたままの姿をさらけ出して、挑発的な態度で迫ってくる女性。

あるいは、男の過激な突撃攻撃を求める女性。

そんなイメージを連想させるのではないでしょうか?

しかし、それが"痴女"ではありません。

「中洲秘密倶楽部」の痴女達は、ここに足を踏み入れた男性の性的興奮を大きく変革させる"性力"を持っています。

その"性力"とは、S的な攻撃で男をナジり倒したり、野性的な舌となまめかしい身体で責めイジることで、M体質に変貌されてくれる特殊な力です。

この幻惑的なパワーに触れた男性は、これまで知らなった"ぶたれる快感"、"イジられる感触"に悦びを感じるようになってくるのです。

中洲の痴女に目覚める


column_men_20210122203826.jpg
「中洲秘密倶楽部」には、素敵な痴女しかいません。

"中洲の痴女"="中洲秘密倶楽部の女性"と言ってもいいくらいの痴女達が、男性をM男に変えてくれます。

彼女等を見ると、確かに男が下半身をムックリと立ち上げてしまうようなセクシーレディしかいません。

中洲の高級クラブでトップに立てる上品さと、おしとやかな立ち振る舞いができる素晴らしいクオリティの高いハイスペックの女性達ばかりなのです。

しかし、服の下に隠されいる姿は、淫乱ボディばかりではありません。

その本性は、異常なまでに男をイジることを"使命"と考えています。

会った時の最初の印象は、セクシーで男性に尽くしてくれる官能的女子のように思えるのですが、いざアブノーマルワールドの聖域に入ると、その本性をむき出しにして男に迫ってきます。

彼女等の攻撃を受けると、奥深いマゾヒズムの快楽に溺れてしまうようになるでしょう。

妖しく濃厚な性感攻撃の中州秘密倶楽部


column_men_20210122200551.jpg
今までMの世界に興味を持たなかった男性でも、一度「中洲秘密倶楽部」の魔力で変貌してしまうことは間違いありません。

どんな男の心の奥底には、誰にも言えない、理解されないアブノーマルな欲望が潜んでいます。

「女のラブジュースのゴクリの飲んでみたい」
「俺のムスコをグリグリ弄って欲しい」
「身体を滅茶苦茶にイジって、狂わせて欲しい」

そんなドロドロした欲望の扉をこじ開けてくれるのが、「中洲秘密倶楽部」の痴女です。

それまで女性を陰部を愛撫して悶える姿に興奮していたはずなのに、今度は自分が責められてしまいます。

その痛みが、いつの間にか快感に変わっていきます
責めるS的なアプローチを止めて痴女の前に自分の身体を委ねてしまい、彼女達の性感攻撃を受けていく。

すると、心と身体が震える程の快楽の深みにのめり込んでしまうはずです。
もう、ここまで来てしまったなら、さらにいやらしく自分を強く激しくイジって欲しくなってきます。

ツッコミ快感が最高のはずだったセックスの悦びでは満足することができなくなってしまい、ヤラれてしまう性感攻撃、すなわち"性撃"にしか反応しない身体になってしまうのです。

この"性撃"の快感を覚えてしまうと、痴女からの濃厚タッチ・淫乱プレイにしか興奮を覚えるしかありません。

中州秘密倶楽部で繰り広げられる痴女の波状性撃!


column_men_20210122200432.jpg
「中洲秘密倶楽部」では、言葉では表現することが難しいくらいに、妖艶で官能的な異次元空間が広がってきます。

「中洲秘密倶楽部」の公式サイトを見ても、プレイ時間とコース、オプション情報から把握するしかありません。実際にどんなエロプレイが待っているのか、深いベールに包まれていて分からないのです。

しかし、実際にMの世界に目覚めた男性のコメントには、「もう最高のお店だった!」というものも。

こんな気持ち良さがビンビンと伝わってくる口コミがあるのです。

ますます、倶楽部内で展開されるプレイ内容が気になってきます。

そのドアを開いてみると、そこには限りなく妖艶で淫乱な物語があったのです。

プレイルームでいきなりS系の痴女に変身する彼女


column_men_20210122202855.jpg
指名した待合室で対面した時は、とても静粛なオーラをまとった女性にしか見えない女性は、専用ルームに入ると、優しさから妖艶、且つ淫乱なオーラに包まれた痴女に変貌していきます。

一方的に男の責め立てるような罵声で弄り倒していく彼女。

そして、服を1枚1枚脱がされる度に耳元で卑猥な言葉を浴びせらて行きます。

そうなると、次第に奥底から異常なまでの責めてられる快感が身体全体を駆け巡るのです。

突如2人目の痴女が乱入してきた!


column_men_20210122200510.jpg
体が異常な快楽世界に引き込まれてしまいそうになっている状態で、突如、もう1人の痴女が乱入してきます。

これが更なるM系への好みを、ますますエスカレートさせていくのです。

2人の痴女からS系波状"性撃"

1人は卑猥なセリフで奈落の底に叩きこまれ、1人はセクシーなボディで性タッチ!

このような"乱入プレイ"でも、男はどんどん狂い乱れていくのです。

ここから中洲秘密倶楽部の秘儀が出されていきます。それは究極の"アナルプレイ"と"前立腺マッサージ"

穴に差し込まれるモノで、痛みから知らなかった快楽にコネクト!前立腺マッサージでは、身体中の性的エネルギーが爆発!

セックス以上の快感を覚えてしまうのです。

モデル張りのナイスバディの女性が痴女になることで、男が大きく変わってしまいます。

SからM男に変貌する解放感!


column_men_20201226094816.jpg
S系の好みからM系に変わる瞬間。

それは人生の中で、自分の性癖を大きく変える転換点になることでしょう。

でも、M系の趣味や好みになる感覚とは、一体どんなものなのか?

それは、一方的に攻撃されて防御する姿勢というものではなく、叩かれた痛みが次第に気持ち良くなるようなものです。

しかし、「中洲秘密倶楽部」の性感Mプレイは、バリバリのSM世界ではありません。

快楽を極限まで追及された"マイルド系のM体感ワールド"です。

今まで、Mの立場を体感したことのなかった男性でも、そのトロけるような"痛気持ちいい"快楽に浸ることができます。

究極奥義の前立腺マッサージを実際に味わうと、もう日常でもイジられることに悶えてしまうかもしれません。

中洲の痴女は当たりを熟知していますので、男を潰すのでなく虐めることでギリギリの痛感から快感へと持って行ってくれます。そうなると、日常空間が常にエクスタシーを感じる非日常空間に変わってくることでしょう。

責められることに快感を覚えてしまう"M男"だとちょっと恥かしいと思ってしまうかもしれませんが、「中洲秘密倶楽部」で体感したことで、積極的にイジられることを求めるようになります。

快楽を得る方法は女性を凌辱するだけではありません。

むしろ、中洲の痴女の"性撃"を受ける方が、はるかに気持ちいいのです。それこそがSからMに変貌した時の最高の醍醐味と言ってもいいでしょう。
田代のイラスト

中洲秘密倶楽部広報担当:田代

秘密倶楽部の魅力をとことんお伝えする広報担当。新しい境地への提案をしています。14年程風俗業界に携わっている。