M性感コラムCOLUMN

中洲の痴女と不眠解消!神経質な経営者Kさんのリラックス方法

2020.12.25

カテゴリ:中洲

column_men_20201226103618.jpg
広報担当・元痴女の森田です

もう2020年も締めくくりに入りました。
2020年は激動の一年でしたね!

これからは、様々な価値観が変わっていくことを感じざるを得ない一年でしたが、会社を営んでいる方は心身ともに駆使された一年になったのではないでしょうか?

経営者さんの中には、他人にご自身の弱い部分を絶対に見ない方が多いですが、神経質になってしまって夜も眠れないという方も少なくはありません。

ここで、不眠でお悩みの方にオススメの解消法がありますよ!

中洲秘密倶楽部の常連様のKさんの場合は、なんと痴女と遊びながら解消されたのです!

今回は、中洲秘密倶楽部】でのKさんの不眠解消術をご紹介させていただきます。

中洲の痴女と不眠解消でリセットする神経質な経営者Kさん


column_men_20201226103655.jpg
Kさんは、観光業の会社を経営して10年になる経営者さんです。
今年は、Kさんの会社は大打撃を受けて、Kさんは一気に不眠になってしまいました。

そんなKさんが不眠になってしまったKさんは、しばらく寝れない夜が続きもがき苦しみました。

安眠グッズが効かない!


安眠グッズを色々試してみたKさんですが、全くその効果を感じる事ができずに悩んでいました。

通院して睡眠導入剤を貰い飲みますが、翌朝になると頭がふらつくのが嫌でなるべく飲みたくないと考えていました。
思うようにいかない日々が続き、ムシャクシャしたところに出会ったのが中洲秘密倶楽部でした。

痴女に尽くされ責められ...


ちょっと怪しげなホームページでしたが、プレイ内容を読んでいくと興味が沸き行ってみることに...。
初めてのM性感中洲秘密倶楽部に少し緊張しました。

痴女は、笑顔でKさんの緊張をほぐし、お部屋に入ると更に艶っぽいオーラでKさんを襲います。
痴女に全身を弄られ、気持ちよくなったKさんは「こんなにも尽くされるなんて...」と衝撃を受けました。

その日家では...


プレイが終わり家に帰るとそのまま眠ってしまったKさん。
翌朝Kさんは感激しました。
「久々に薬なしでぐっすり眠れた!」と。

久々にぐっすり眠れて気分が良くなったKさんは中洲秘密倶楽部での心地よいおもてなしと激しいプレイのお陰で眠れたことに感謝すると共に睡眠の重要さを改めて痛感しました。

それからKさんは、中洲秘密倶楽部痴女と定期的に遊ぶようになったのです。

中洲の痴女と遊んで初めて不眠解消できた日


Kさんが、不眠解消できた日のことをもっと詳しく聞いてみました。
痴女とどんなプレイを楽しんだのでしょうか?

初M性感


今までヘルスしか行った事がなかったKさんにとってM性感は、未知の世界です。
所々にSMっぽい雰囲気があるので、Kさんは「女の子は女王様のような人が出てくるのかな」なんてドキドキしながら順番を待っていました。

いざ痴女と対面すると、Kさんの抱えていた不安が一気にぶっ飛びました
目の前に現れた女の子は、とても愛想が良く丁度いい気遣いで居心地の良い素敵な女性でした。

痴女のエスコートが心地いい


他人に気遣ってばかりだったKさんは、痴女のエスコートが心地よく感激していました。
痴女は終始笑顔で、冗談も交えながらの楽しい会話、そして、魅力的なオーラ...Kさんが求めていた心地よい空間がそこにありました。

まるで弱っている自分のことを全てわかってくれているような気がして、心から甘える事ができたのです。

キャバクラに行っても、気の合う女の子がおらずほとんど遊びにいく事がなかったKさんがやっと心を許せる子ができたかもしれないと思った瞬間でした。

激しく優しくプレイ♡


M性感でのプレイが初めてだったKさんでしたが、初めの印象が良すぎて今回の痴女に全て委ねてみようと思いました。

優しく全身にキスされながら、感じる部分にヒットするとピクンと反応してしまうKさん。
そんなピクつくKさんを見て痴女は喜びながら更に濃厚に愛撫していきます

Kさんは、痴女があまりにも本当の彼女のように愛を感じる愛撫してくるので、自然とギンギンになってしまいます。
ただエロいだけじゃなく、心がほんわかするようなプレイをしてくれる痴女にすっかりハマってしまったのだとか。

中洲秘密倶楽部での痴女とKさんの過ごし方


column_men_20201226103731.jpg
初めての中洲秘密倶楽部で痴女をすっかり気に入ってしまったKさんは、ある日の利用からは90分〜120分のロングコースにコースアップしました。

Kさんがロングコースへコースアップした理由と過ごし方をご紹介します!

楽しく会話しながらイチャイチャしたい


なるべくゆっくり過ごしたいKさんは、痴女と会話をするのも楽しみの一つです。
痴女の肌の温もりを感じながら他愛もないおしゃべりをすることもストレス発散になっているそうです。

本当は毎日でも会いにいきたいくらいですが、現実にはそうはいきません。
60分コースだとKさん的にはバタバタしてしまい、色々試した結果90〜120分がベストだと感じたようです。

1回のコースを長くすることで、プレイの前後で痴女と会話を楽しむ事ができデート気分を味わえて良い気分転換になって満足しているとのことです。

様々な体位でエクササイズ!


痴女とのおしゃべりだけでなく、すっかり中洲秘密倶楽部】のM性感プレイにもハマってしまったKさん。

Kさんは、お気に入りの痴女とラブラブイチャイチャしながら性感帯を開発されるのがお気に入り!!
もちろん少しずつ前立腺マッサージの感覚も変わってきて、今ではドライオーガズムでイケるようになってしまいました。

痴女に誘導されるがままエッチな体位にも挑戦するKさんは、お気に入り痴女の前では自然と変態になれるのだとか。

色んな体位でプレイをしていると意外に筋肉を使っていて、筋肉痛になることもしばしばあるそうです。

プレイ後は一緒にお昼寝


色んな体位でエクササイズをした後のフィニッシュは、爽快感がハンパなく汗をかいてしばらくぐったりしてしまいます。
イッた後はしばらくの間、痴女とお昼寝するのがKさんの定番です。

痴女に添い寝をしてもらうとリラックスできて、その日はその温もりを感じながら床に就くそうです。

痴女と幸せなひと時を過ごすようになってからは、家でもぐっすり眠れるようになり、仕事の方も新しく事業を始めたりなどKさんの仕事にも兆しが見え始めたそうです。

そんなKさんにとって中洲秘密倶楽部神社のようなパワースポットになり、上手くいっている時もいかない時も中洲秘密倶楽部発散しリセットしているそうです。

中洲秘密倶楽部で痴女とゆっくり過ごして日々のストレスをリセット!


column_men_20201226103835.jpg
Kさんのような経営者さんは、お仕事で抱える問題やストレスなど吐口がなく、長期間自分の中で溜めてしまい、挙げ句の果てに不眠症などの症状を引き起こしてしまうことはよくあるケースです。

もちろん薬に頼ってその場を凌ぐこともできますが、薬を飲んでいるうちは本調子ではないと感じる人が多いのは事実です。

そんな時に、五感をフル活用するような体験を通じ、変化を感じたという体験談はよく聞く話です。
この森田も昔は不眠症で薬を飲んでいた経験もあり、海外旅行や好きな人とのエッチで発散し不眠症を解消した経験があります。

日々のストレスを発散できずに踠いて苦しんでいる方は、何も考えずに痴女と遊んでみてはいかがでしょうか?

中洲秘密倶楽部】の痴女の愛情パワーで「少しでも楽になれた!」と感じていただけたら幸いです♪
森田のイラスト

中洲秘密倶楽部広報担当:森田

広報担当田代の部下。現役引退後、元プレイヤーの勤務経験を活かし、広報としてより深い遊びの提案をする。